特許事例 自立型手摺 簡易調査の様子

それでは、前回にヒットした文献を簡易調査している動画を下記でご覧下さい。

特許調査は、辛抱が必要です。もし、この程度の動画を見るくらいでギブアップしたり、途中で止めたりするようでは、特許実務には向いていません。そういう方は、私どものような弁理士をうまく使って、依頼される方がよいと思われます。
向き不向きがありますし、餅屋は餅屋ですね。
さて、この簡易調査で、ざっと見ただけで、何が分かりましたでしょうか。
そのおわかりになった点が、特許が取れるポイント、さらには、このあとのさらなる深い詳細調査と関係してきます。
さあ、次回は、このポイントが何であると考えるのかを考えていきましょう。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
This entry was posted in 特許. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA