明細書を作成するのに必要な力とは?

前回、弁理士の明細書作成塾をご紹介しましたが、明細書作成について、今までの弁理士の先生方には、悪いですが、根本的に間違っているところがあるので、このブログをご覧の皆さんには、お伝えいたします。

経験の豊富な弁理士や昔ながらの弁理士に多いのですが、明細書は、発明の本質を捉える力とか、文章力とかで決まると思っている節があります。
これは、根本的に間違っています。

おそらく、最初に明細書を書き出す方も、きっとこの間違いの状態で指導を受けるでしょうね。

何が間違っているのか分かりますか。文章力とか、発明の本質を捉える力とかよりも、もっと大事なことがあるのですよ。

それは、次回、お伝えします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
This entry was posted in 特許. Bookmark the permalink.