商標調査

商標調査入門

商標登録出願の前や商標の使用開始前には、先行の登録商標がないかを調べることが、必須です。
無駄な出願防止の観点に加え、他人の商標権を侵害してしまっていては、大変なことになるからです。

下記の手法は、入門的かつ簡易的な手法ですが、明らかに侵害している場合や、無駄な出願を判断するには、十分に利用可能です。
実際、特許事務所の多くでは、簡易商標調査として、特許電子図書館を用いた調査を行っています。

ただし、本格的な調査には、ブランディ等の専用のデータベースを利用することをお勧めします。
また、類否判断には、専門的な知識も必要ですので、弁理士への調査依頼が賢明であることはもちろんです。

それでは、商標調査入門講座を開始します。
なお、検索結果は、2006年3月時点のものですので、実際の検索結果とは異なります。ご了承下さい。

 

実践!商標調査

さあ、以下の流れで、商標調査をやってみましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
This entry was posted in 知財の知識 商標調査. Bookmark the permalink.